PM09:34

自分は何の為に生きてるんだろうと泣きたくなる日はしょっちゅうあるのだけど、「今日はまた久々にデカいのが来たな」という感じ。

 

今日も「愛されるってなんだろう」なんて野暮な事を1日中考えていたら日が暮れた。そんなものに答えがある訳もないし、あったとしてもこの22年間で答えに至ってないのだから、1日考えたくらいじゃ答えなんて出るはずもなく、無駄にできない1日をただただ無駄にして終わった。

つくづく私は学ばない人種だと思う。

それでもやっぱり愛されてみたいと思うし、愛される感覚がどんなものなのか知りたいと思う。例えるなら、見たことのない玩具に興味を示す子供と同じだ。

 

というのも、昨日またどうでもいい奴に簡単に身体を許してしまったのが今日という日を無駄にした主な理由だ。

好きでもない奴に身体を許すことに関しては、その瞬間は特になんとも思わなくなった。むしろ私が欲しい「愛情」やら「承認」やらがこんなに簡単に手に入るんだから安いもんだ。まあ全部嘘っぱちの虚像でしかないんだけれども。

 

何度同じ過ちを繰り返しても、性行為が辞められない。私は特段そういう行為が好きなわけではないし、むしろ苦手だ。行為中も基本的にずっと次の日のお昼ご飯についてしか考えていない。ただ、そんな風に女をダシにしてお昼ご飯の予定を立てているだけで嘘っぱちの愛情「擬き」は手に入るのだ。こんな手軽な行為が他にあるだろうか。

 

私を大事にしない男は、私が一番欲しい言葉を簡単にくれる。

私はその見返りとして穴を提供するし、これは相互利益だ、win-winだ、わはは。なんて考えていたらこのザマだ。悪魔に魂を売ったら最期、容易に手に入る快楽と引き換えに、行き着く先は地獄でしかない。実際、こんな性行為なんかで本当に欲しい愛情なんて永遠に手に入らないし、傷は埋まらないし、経験人数に比例して虚しさが増えるだけだ。かと言ってこれを失ったら私には何も残らない。まさに無限地獄である。

 

周りの友人がSNSで最愛の恋人との近況を報告する度に、私はそれをどうしようもなく羨ましく思う。もっとも、恋人という存在が羨ましいのではない。私が羨ましいのは、相手が自分を愛していると絶対的に信じられる自分に対するその自信と、自分が誰かに愛されるだけの価値があると思える肯定感だ。実際にそれは過信なんかではなくて、ちゃんと相手から愛されているのだから凄いと思う。

 

そんな風に自分の現状と、他人の幸せを交互に見ているうちに、私という存在がどうしようもなく価値のないもののように思えて、生きている意味が分からなくなる。

当たり前だが、「女」なんて一生使える武器じゃない。甘い言葉をかけてもらえるのも、若さのある今の特権だ。いつかは私はこの武器を手放さなければならないし、この武器を手放したら最期、誰からも見向きもされなくなるのだろう。それを考えると未来が怖くて仕方ない。愛されたいとは思うが、身体を許す以外に愛され方がわからない。それに加えて愛し方すらよくわかっていないと言うのだから、私の人生は詰んでいる。

いつかこんな自分を許せる日が来るのだろうか、愛してやれる日が来るのだろうか、運良く愛してくれる人が現れるのだろうかと考えては、可能性の低さに絶望する。

兎にも角にも、いつか自分が「愛されることの意味」なんて野暮な事を考えずに笑って過ごせる日々が来ることを願うばかりだ。

 

 

 

PM04:36

また人を傷つけてしまった。自分はこんなに傷つけられるのが怖くて、誰にも傷つけられたくないくせに、平気で人のことを傷つけてしまう。大好きなあの人も、尊敬してるあの人も、私が軽々しく放った一言ですごく苦しい思いをしてると思うと怖い。ごめんなさい。私の言葉は空っぽだから、本当に伝えたい一言が上手く伝えられない。本当はすごく、すごく褒めたくて、尊敬してて、「あなたのここが素晴らしいよ」「あなたのここが私は羨ましいよ」って伝えたいのに、私から出る言葉は空回りしてばかりで、何も伝わらないまま嫌な意味で捉えられてしまって、でもそれは私の本心でもあって、だから自分が情けなくて、最低で、もうダメだって。人から言われた言葉や、傷つけられた過去は消えないこと、私が一番わかってるはずなのに。ごめんなさい。自分が恵まれた環境にいる時に、そうではない人たちのことをちゃんと思い遣ってあげられたら、自分には無い気持ちを想像する力があったらってつくづく自分の思慮の浅はかさにうんざりする。人間として本当に未熟すぎて、そういう人たちからのヘイトを集めて、ごめんなさいって何度言ってもそれは私のエゴでしかなくて、死にたくなる。自分のことを棚に上げて上から目線でものを言って、人のこと考えてるようで考えてない。自分の考えを押し付けてるだけだ。最低だ。消えてしまいたい。

AM03:38

この震えた鼓動握れば音を鳴らせる まだ小さかった頃の手が描く全てにノートからはみ出す未来がいた( Star Ring Child / Aimer) あの時こうしていれば あの日に戻れれば あの頃の僕にはもう戻れないよ(ソラニン/ ASIAN KANG-FU GENERATION) 途切れたいつかの夢や諦め続けた色々や それを繕う言い訳を重ねたみたいな夜の闇(インディゴ / LUNKHEAD) それでも目に映った朝焼け、夕暮れ毎日違う空の色 綺麗になれない世界が広がるのも煩わしいけど 命絶やすことを決めた日に音は救いがあるかのように響く(The Score / Your Last Diary) それでも 誰かと比べてばっか 周りを見ては立ち止まって 欠けたものを探した そんな自分を変えたい(ミカヅキ / 酸欠少女さユり) Believe in myself いつか 泣きじゃくったあの日の僕が 掴み取るよ it's my chance いつか この曲聴いた誰かが今を愛せたらいい(Believe in myself / LiSA) 追いかけても 追いかけても 逃げて行く月のように 指と指の間をすり抜けるバラ色の日々よ(バラ色の日々 / THE YELLOW MONKEY) 今はまだ未来など見えちゃいないけど 僕はまだ歌うだろう ずっとずっとずっと これからも未来など見えやしないだろうけど君の手を離さない ずっとずっとそれだけはずっと(神曲 / Brian the Sun) 何万回君が目を瞑って僕に言わないでくれた言葉って ずっと、そっと側にいる、ということ ずっとずっと「寂しかった」ということ(悪い癖 / My Hair is Bad) i 罠 B wiθ U 此処に居て ずっとずっとずっと 明日のことは判らない だからぎゅっとしていてね(ギブス / 椎名林檎) 人一倍夢見ていたわ 人一倍恐れていたわ 目覚めた後の静けさにどうしても耐えきれなくなって(シンデレラ / 椿屋四重奏) ライオン 詰くなった檻から出ていく二人 ずっと同じように笑っているだろうか(ライオン / 天野月子) こんな星の夜は 君がいてくれたなら 何を話そう(スターフィッシュ / ELLEGARDEN) 私の有名は君の孤独のためだけに光るよ 君がつくった美しい君に会いたいの(マジックミラー / 大森靖子) 「もっとちゃんと僕をみててよ、もっとちゃんと」って言わなければ君はここにいたかな(たばこ / コレサワ) 君のいない世界にも何かの意味はきっとあって でも君のいない世界など夏休みのない八月のよう 君のいない世界など笑うことのないサンタのよう 君のいない世界など(なんでもないや / RADWIMPS) 「今ある命を精一杯生きなさい」なんて綺麗事だな(生きていたんだよな / あいみょん) 何もないと思ったはずの足元に いつか深く確かな根を生やす 嵐の夜が来たとしても揺らいだりはしない(Catch the Moment / LiSA) 言葉にするだけ無駄かもな でも言葉にしなくちゃダメだよな 誰かに頼まれた訳じゃないけど 信じたいんだよ 似た者どうしだろ、ねえ(人との距離のはかりかた / plenty) 秘密も嘘も喜びも 宇宙を生んだ神様の子供たち(いのちの名前 / 木村弓)

AM02:38

漠然とした不安と焦りのせいで眠れない。眠ってしまえばなにも考えなくていいのに、頭が冴えわたって眠れない。身体は疲れてるはずなのに眠れない。ずっと自分がどうしたいのか分からない。意思がない。自分がない。意味もなく悲しい。辛い。しんどい。死にたい。布団に潜って目を瞑っても過去の嫌なことばかり思い出して、自分が生きてることが周りにとってどうしようもなく害であることに気づいてしまって泣いて、生きててごめんなさいをあと何回繰り返したら私は死ねるのか。愛してくれる彼氏もいる、遊んでくれる友達もいる。なのに独りだなんだって、自分の不幸に酔って、幸せから目を背けて、人生のぬるま湯に浸ってラクしてるだけだ。逃げ道を作って言い訳ができる状況に自分を置けば、いざという時に傷つかずに済むもんね。「自分が一番可愛いんだね、自分が大好きなんだね」。何度も言われたことがある。その通りです。だって自分で自分を可愛がらなかったら誰が私を可愛がってくれるの?ほらまた言い訳してる。自分の悪いところを自分が一番よく分かってるのに直そうとしない。逃げ道を塞ぐのは怖いね、言い訳ができないのは苦しいね。でもこのままの私は誰にも認めてもらえないよ。泣かないで、頑張って、少しでもみんなに認めてもらえる明日が来るといいね。

PM06:24

どいつもこいつも馬鹿ばっかりで吐き気がする。酒が飲める?男と遊んだ?リスカやODをしたことがある?だからなに?ドヤ顔で酒、ドヤ顔で煙草、ドヤ顔で男。ダッッッセェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!他人とは違うちょっと変わった(笑)自分がそんなに好きか。クソにクソって言って何が悪い。他人から悪く言われたくないならそういうの全部辞めればいい。結局そんなクソみたいな自分に酔って「変わってるね」「かっこいいね」「可哀想だね」って言ってもらいたいだけでしょ。ダッサ。変わった人になりたくてしているその行動がみんなと何一つ変わらないってことをはやくその無い脳みそを使って理解しろ。似通った人間の集まりの中で他人の悪口を言って盛り上がる事しか能のない馬鹿どもと一緒にされるくらいなら、一生一人ぼっちでいい。結局自分ができないことを他人がしてるのが羨ましいだけで、そんなお前らは程度の知れた人間でしかないよ。排他的な思考で自分を賞賛してくれる友達(笑)と、一生仲良しごっこ続けてね。そして今後一生ダサい人生送って自己満に浸って死ねばいい。一番幸せな生き方なんじゃない?脳みそ花畑とは良く言ったもんだなと思う。私もそんな風に脳みそ花畑の馬鹿になれたらと思うけど、20年こうやって生きてきちゃったからもう戻れないね。周りがとても幸せそうで、とても馬鹿に見えて、滑稽で仕方ない。自分のことが可愛くて仕方ない皆さん、どうかお幸せに。

生きることが億劫で、どうにもこうにもならない事がよくある。自分がなんで生きてるのかも分からないし、この先どうやって生きていけばいいかもわからないから、ただ毎日ダラダラと惰性で生きていくしかない。こうやって毎日生産性のない生を、今後の人生においてもずっと送っていかなきゃいけないのかと思うと、今ここで死んでしまった方が全て丸く収まる気がする。苦しいことも、辛いことも、悲しいことも、全部全部今ここで辞めてしまいたい。希望とか夢とか誠実とか、全部諦めてしまえたらどんなにラクだろう。誰にも必要とされないのは自分のせいだって理解はしてる。誰かに必要とされる人は、きっと生産性のある人生を送ってきた人だ。こんなクソみたいにただ生を貪って生きてきた社会の底辺が誰にも必要とされないのは至極真っ当なことだと思う。消えてしまいたい。死ぬ勇気すらない。毎日心からザワザワしたものが消えなくて、みんなに見放される不安と、焦りと。助けても言えない弱い自分が惨めで、かと言って助けてくれる人がいるわけでもなくて、こうやって毎日孤独と戦ってる気がする。しんどい。自分のこの人格やら思考がどこから来てるのかも分からない。ただ漠然と、私の存在価値はないように思う。生きててごめんなさい。生まれてきてごめんなさい。何か一つでも、私の人生に誇れるものがあっただろうか。どこで間違ったんだろう。何がいけなかったんだろう。こんな人間になってしまった私に希望もクソもないよ。また1日が始まる。また不安と戦わなきゃいけない。もう無理だよ頑張れないよ頑張りたくないよ。どうか今日1日が少しでも私にとって良い1日でありますように。